おすすめ本。「犬身」

読書が趣味です。犬を飼いだしたので、犬ものの本に興味がわいてます。

最近読んだのは「犬身(けんしん)」です。犬好きで「自分は犬だと思う」という主人公が謎の(?)バーテンと契約し子犬に姿を変えるのですが、意識は人間のままで飼い主との生活をおくるというお話。飼い主の家族が、内田春菊さんが描写しそうな家族です(分かりにくいか・・・)。
BGMだったり携帯の着信音などがタイトルに「dog」とつくような犬にまつわるものがさりげなく書いているのが主題とは関係なくとても興味深かったです。
子犬から成長していく過程が書かれているところは犬飼い初心者の私には、なるほど、と思うところが沢山ありました。

読んでからは、ビートも心の中でいろいろ考えてるのかな?と想像するようになりました。

ソファーに置いておいたらビートに噛まれた跡がついてしまいした。臨場感のある本(?)に。

「犬身」が読売文学賞、小説賞を受賞したそうです。
そのニュースを知る前にこのブログを書いていたのでシンクロ(?)にびっくり。
深~い本ですよ。おすすめ!

読売文学賞、小説賞に松浦理英子氏「犬身」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする