ためになる!酵母パンの本「小さな酵母パン教室へようこそ」

こちらの本を読みました。
「小さな酵母パン教室へようこそ」林弘子(著)

とてもためになります。春夏秋冬に合った自然発酵種の酵母パンのレシピが29種類載っているのですが、いわゆるレシピ本とは大きく異なります。パン作りの作業を「なぜこの作業が必要か」ということや、材料、道具に関してもその必要性と理由を詳しく述べています。でもとても読みやすいし面白い文章です。いくら何度も説明してもとんちんかんなことを質問されたことに関し、『空中跳びひざ蹴りが私の答えです』というのにはしびれました。小麦粉と水だけで自家製酵母のパン種を起こしています。自家製酵母パンを作ることに関しての基本がしっかりと説明されているので、いろいろな方法で自家製酵母パンを作ってらっしゃる方にもためになると思います。
私のようにパン教室に通っていない人への、指導してくださる先生を得た様な本です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする