エンゼルパン

週末にパン教室へ行ってきました。前回は1日体験だったので、今回が初級1回目。エンゼルパンを習いました。

キチンと教わると、捏ね終わるのがとても早い!「ここでこの作業をする」ということもよくわかるし、目から鱗が沢山出ました。レシピの行間にはこんなにたくさんの行程が実はあるのね、と実感。メモもたっぷり取りました。出来上がったのはふわっふわの美味しいエンゼルパン!

次の日に早速復習です。出来るだけ忠実に習った通りに作ってみたら、大成功!前回は再現は出来なかったのですが、昨日と同じようにとてもふわっふわで美味しいエンゼルパンが出来ました。型を使うパンなので、2次発酵の見極めがし易かったのが良かったと思います。

ますます楽しいパン作り生活!

強力粉はパン用小麦粉 キタノカオリ100%品 10Kg(2.5Kg×4袋)、砂糖は粗精糖 3Kgを使用しています。こだわり食材 572310.com 楽天店で購入しました。

粉砂糖は、ヨーグルトについてきた砂糖をスリコギでごりごりして、茶こしでふるったものです。ヨーグルトの砂糖が沢山余っているので、こんな風に使えます♪

?

♪エンゼルパン♪

今回パン教室に行って実感したのは、私が今まで作ったパンのほとんどは

1 捏ね過ぎ

2 発酵不足

でした。一次発酵前のつるんっとならずにゴテっとなるのは(←分かりにくいですよね・・・)捏ね過ぎだそうです。まだつるりとならない!なんて思ってますます捏ねていました。

今まで私の作っているパンは粉分が360g位なのですが、今回のエンゼルパンで使った粉は180g(エンゼル型は18cmのものです)。半分の粉量でこのボリューム!出来上がりのふわふわさが全く違うし、出来上がり量も私が今まで作ったパンの方が小さく少ないので、本当ならば発酵をしっかりさせているとふわふわに大きくなって、一つ一つが大きなパンが出来るのかも。レシピの何センチのパン何個、なんて書いている、何センチって気にとめず作っていました。

今度からこの2つを特に気をつけまっす!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする