湯だねでバターロール&ゆっくり発酵バケット

今日は2種類パンを作りました。

湯だねパン(バターロール)を作りました。60分でもっちもち湯だねパンを参考にしています。

なんと、この湯だねパン、少量の薄力粉と熱湯を加えて作った「湯だね」をイースト水と粉など他の材料を混ぜて軽く捏ねると、一次発酵不要で次の行程へ移るというもの。1時間ほどでふかふかモチモチのパンが焼き上がるのです!ネットで調べて初めて知った時はうっそぉーん!!と思ったのですが、今日初めて試してみたら本当にふかふかのパンが焼き上がりました。日中あまり時間が取れなくとも焼きたてパンが食べられますよ!試してみる価値有りです!!

粉150g(湯だね別)、1つ約60gで5分割でバターロールを作りました。

強力粉はパン用小麦粉 キタノカオリ100%品 10Kg(2.5Kg×4袋)、砂糖は粗精糖 3Kgを使用しています。こだわり食材 572310.com 楽天店で購入しました。

♪湯だねでバターロール♪

・・・でも実は塩を入れるのを忘れてしまいました。旦那さんからは「肉まんの皮の味・・・」との感想・・・。きっと入れ忘れが無いともっと美味しいパンだったことでしょう。リベンジっ!

?

もう一種類は、少しのイーストでゆっくり発酵させてるやり方で、バケットを作りました。ゆっくり発酵カンパーニュを参考にしています。

昨日の夜に捏ねて(こちらもあまり捏ねずに3分くらいでよい)冷蔵庫の野菜室で一次発酵。夜中1時にこねたため朝起きても発酵はもう少しだったので湯をはったボールで更に発酵を進ませました。

またもや少し2次発酵させ過ぎたのですが、焼き上げてる時に膨らんで良かったです。

やはりクープがいまいちですけれど・・・。

強力粉はハードブレッド専用粉 10Kg(2.5Kg×4袋)、砂糖は粗精糖 3Kgを使っています。いずれもこだわり食材 572310.com 楽天店で購入。

♪少しのイーストでゆっくり発酵バケット♪

今日作った2種類のパンと昨日のカレンツパンが3つ余っていたのですが、お昼にほとんど食べちゃいました。上の子が食べる食べる!バケットとバターロールに野菜やウインナや卵を挟んだサンドウィッチにして。子供が美味しい!って沢山食べてくれると作りがいがあります♪

午前中の短い時間で焼きたてパンを作るには?というコンセプトでパン作りを考えた時に、「ゆっくり発酵」と「湯だねパン」の方法にたどり着きました。2時間半くらいゆっくり時間がとれたらイーストの普通のパンも作れるし。

ちょっとの間自家製酵母をお休みする準備ができました。折角の酵母や元だねがもったいない気がするけれど。パン作りにはまって、自家製酵母だけでなくいろいろなパンを試したい時に、酵母の種を継ぎ続ける為に自家製酵母は週2回は作らなくてはならず、ちょっと困っていたのです。それに、パン作りにはまる前はイーストのパンをさほど作ってはおらず、自家製酵母のパンを作るようになって自家製酵母はイーストのパンに比べてずっと美味しい!とはまり込んだのですが、今思えばパン作りの腕が無かったためたいして美味しく出来なかったところ自家製酵母はその風味から「美味しく出来た」と思い違いをしたと思います。きちんと上手につくったら、イーストでも自家製酵母でもとても美味しいのに違いない!今はパン教室でしっかりと技術を身につけてその上で色々な方法を美味しく出来るようになりたいなと思います。


?

?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする