手作りみそを仕込みました。

もともと、出来るだけ日本産のもを食べたり、衣類や雑貨などを買いたい、使いたいと思っています。お洋服だって、すごぉーく安いものなら以前から中国産なんて沢山ありましたが、最近は値の張るものでも中国産など外国産が多いですね・・・。なかなか「国産のものだけ」っていうのもままならないですが(お金がかかりますし)。

みそも国産大豆のものと思ったら高いのですね!相場で1kg1000円!今まで使っていたお味噌は、だし入りみそで1kg200円くらいなので、5倍です。でも、食べてみたい、国産にしたいという気持ちがむくむく。お味噌汁を毎日食べるし、月でお味噌は1kg以上使うので食費も上がりますが、その分、余計なものを買わないことで対処しようと言うことで、買ってみることに。どうせなら少しでもお安く済みように、と手作りみそを作ることにしました。

パン作りに凝るようになって、今まで手の込んでるように思えて、手を出さなかったものもやってみよう!作ってみよう!という気持ちが気軽にもてるようになりました。

今回購入したのはこちらのお店

ゆきのぶのこうじ屋さん手作りみそセット

塩も選べるし、樽付きも購入出来ます。みその仕込みに必要なビニール類や重し用の塩まで付いてきました。出来上がりは約5.6kgのお味噌ができるそうです。
大豆は北海道産大粒大豆、こうじは三重県産こしひかりを使用した手作り米こうじだそうです。麦こうじ、米と麦の両方で作る合わせ味噌セットも選べます。

この週末に作りました!前日に1kgの大豆を水に浸け、3倍にふくらんだ大豆を圧力鍋で煮ました。量が多いので、3回に分けて。圧力鍋なので、火にかけている時間は短いですし、煮上がるのも早いです。
大豆が煮えるたびに、今度はフードプロセッサーでつぶします。フードプロセッサーもさらに2、3回に分けてガーッとしました。量が多いので、大きな鍋につぶした大豆を入れておきました。(出来上がった後に気がついたのですが、おまけのビニールには大豆をつぶすために使うビニールもありました)。雑菌が入るのを防ぐため、使用するフードプロセッサーやら器具は熱湯をかけて消毒しました。

DSC_7559.jpg
♪何度もにも分けて煮上がった大豆をフードプロセッサーでつぶします♪

DSC_7555.jpg
♪こうじに塩を混ぜて「塩切りこうじ」を作ります♪

DSC_7560.jpg
♪大量のつぶした大豆と塩切りこうじ、種水(大豆の煮汁or湯冷まし)をまぜます♪

DSC_7563.jpg
♪容器につめて、表面を平らにし空気が触れないように付属のラップでぴたっとはりつけます♪

そしてこの上に、重しの塩(こちらも付属しています)をのせ、ビニールをかぶせてふたをして、涼しい場所に保管。

出来上がりは土用の暑さを超えた頃だそうです。(その前に6月末から7月はじめにみそをかき混ぜて天地を返すことが必要になります)とっても楽しみ!!

出来上がるまでに食べる用のみそもこちらのお店で購入しました。6300円以上から送料が240円と安くなるため、1kg 630円で(相場に比べたら)お安いですし!

もう少し量が少ないセットはこちらのお店で見つけました。
手作りみそセット宮城県産あやこがね1kg国産米で作った米こうじ1kgシママース500g秘伝の種みそ1…

塩とこうじがあらかじめ混ざっているのを扱っているのはこちらのお店で
ご自宅でみそが作れます!米みそこうじセット oz50054-004
ご自宅でみそが作れます!麦みそこうじセット oz50054-003

圧力鍋とフードプロセッサーがあれば、2時間もしないで作業は終わりました。(大豆を煮ている間、洗濯物を干したりパンの成形をしたりしつつも。
みそ作り、思ったよりも簡単ですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする